読み込み中

なぜ、TOKUが伝統技術にこだわるのか?

家具・雑貨

TOKUは大工から始まった工務店です。

大工の棟梁として、地域の工務店としてお客様の暮らしにたずさわってきました。

 

 

そんなTOKUが、なぜ、伝統的工法にこだわるのか。

最新の建築技法を採り入れていかないのか。

 

 

それは、家づくりということが、

たんに、家を建てるということではないから、です。

 

そこに住む人の想い、家族構成、そして10年先、20年先、30年先を見据えた家族のカタチ。

そして、なにより、地域の風土に合わせた家づくりを、

目指しているからなのです。

だからこそ、伝統的技法をTOKUでは採用しているのです。

 

 

実は、この伝統的技法。

長い長い期間をかけて伝承されてきた、この伝統的技法。

 

 

この伝統的技法こそ、その地域の風土、環境にマッチして、

伝承の過程で進化し続けているのです。

だからこそ、TOKUは、この伝統的技法こそ、この地域での”最新の”技法だと考えています。

 

 

これらの伝統的技法こそ、変化し続けているのです。

10年、20年と、この先、家族のカタチや家族の想いが変わっていくように、

その想いに応えられるように、TOKUは、この伝統的技法を守り続けていくのです。

 

 

10年たっても、20年たっても、いとおしく思える家づくりを。

それでは、TOKUでした~。